たまちゃん

アラフィフの日常

ゴーヤ大好き

こんにちは☀️

お疲れ様でした😌

数日ブログをお休みしました💤
その間も皆さんに読んでいただけて嬉しかったです😊

夏になるとゴーヤが食べたくなります
大好きです😋

ゴーヤチャンプル
ゴーヤの佃煮
天ぷら
ゴーヤとツナサラダ
よくやるのはサラダかなぁ🥗
切って混ぜるだけ簡単☝🏻

以前沖縄に旅行に行ったとき 道の駅みたいなところに行ったら 大きくて安いのにビックリしました‼️なので最後の日に買って帰って来ました😊

ゴーヤのいいこと☝🏻


ゴーヤの栄養成分と効果効能
カットされたゴーヤが並べられている様子
独特な風味をもつゴーヤですが、実は栄養価が高く、健康維持に役立つ食材なんですよ。ちなみに、ゴーヤ1本(250g)のカロリーは43kcalで、低カロリーな野菜だといえます。

それでは、ゴーヤに含まれる栄養成分と、そのはたらきについて見ていきましょう。

ビタミンC
ビタミンCは、コラーゲンの合成に不可欠な栄養素であり、血管や軟骨などを正常に保つはたらきがあります。また、皮膚のメラニン色素の生成を抑え、日焼け対策に役立ちます。

本来ビタミンCは熱に弱いため、加熱を短時間にしたり、生のままサラダで食べたりするのがおすすめですが、ゴーヤのビタミンCは油で炒めても損失がほとんどなく、加熱に強いという特徴があります。

葉酸
葉酸は、ビタミンB12とともに赤血球を作り出すサポートをする役割があります。葉酸をしっかりと摂取することで、貧血対策にもつながるんですよ。また、細胞の生産・再生などを助けるはたらきから、正常な発育や成長にもかかわっています。


カリウム
カリウムは細胞内液の浸透圧を維持・調整する働きがあり、塩分の排出を促してくれます。塩分の摂り過ぎによるむくみが気になる場合は、カリウムの多い野菜や果物などを積極的に摂るようにし、塩分の高いものは控えるようにしましょう。

不溶性食物繊維
不溶性食物繊維には、便の量を増やして腸内を刺激することにより、スムーズな排便を促すはたらきがあります。また、食物繊維は腸内にいる善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えるのに役立ちますよ。便秘でお悩みの方には見逃せない成分ですね。

モモルデシン
ゴーヤの苦み成分「モモルデシン」には、胃粘膜を保護する、胃液の分泌を促すといった作用があります。胃のはたらきが活発になることで、食欲の増進が期待できますよ。

いくらいいものでも
好き嫌いがある食べ物ですよね!

今年も食べまーす🥗😋

今日も読んでくださりありがとうございました😌

おやすみなさい😴💤

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

読者登録お願いします。